設計理念    
昔からそこにあったように、いつまでもそこにあるように、人に優しく。自然に優しく、美しく、創意に満ちて創る

より確かな創造をめざして 誠・創・天の誓い

昭和41年の創立以来今日まで、建築の企画や設計、まちづくりの計画など、いろいろな仕事に取り組んで来ましたが、私共の会社は、会社というよりもよりよい環境や建築を創る職能集団です。全員が一つのチームとして、毎日仕事に生き甲斐を求めて努力しておりましが、仕事を遂行する上で、全員で三つの誓いを立てております。

 第一には誠意の誓い、誠意を持って仕事に当たるという誓いです。建築は、それを使う人やその建築に関わる人にいろいろな大きな影響を、しかも永い間にわたって与えます。そして、建築物を造るということは、個人にとっても組織にとっても一世一代の事業であります。私共はこのことの意味を重く受け止めて、その建築を所有する人、使う人、周辺の人を含むその建物に関係する人全てのことを誠心誠意考えながら計画設計をしなければなりません。

 第二には、創意の誓いです。建築や環境は人間が作り出す人間としての深い意味を持った文化の大きな部分です。「人間が環境を作り、環境が人間をつくる」と言われるように、私共がつくり出すものは、この時代を映さざるを得ませんが、少しでも新しい何かを創り出す努力をしたいと思っております。勿論、創意創意ということで唯単に風変わりであったり、独善的であったりして、軽薄な情報価値しか持たないようなものをつくることは当社ではやりたくないと思います。

 第三には天意の誓いです。今、宇宙船地球号ということが言われ、地球環境の保全が我々の重い課題とされていますが、建築や都市を作るということは、これまでいわゆる開発と呼ばれる行為の最先端とされ、私共建築や街をつくる計画者は広い意味での環境破壊について責任の一端があるように思います。しかしながら、開発と環境は二者択一する訳にはいかないものですから、どうしてもこれらのバランスを考えなければなりません。我が社ではこのバランスの指標として「天意」という言葉を使っています。簡単に言えば人間の勝手ばかりを考えないということであり、永い未来を含めて真実人間の為になることを考えようということでもあります。